記事一覧

「小田原かまぼこ通り」1

「小田原かまぼこ通り」
 30数店舗のかまぼこ店が軒を構える一帯で、見て・歩いて・食べれる観光スポットとして近年脚光を浴びています。
 小田原駅より徒歩約10分、国道一号線「御幸の浜」交差点付近の旧国道沿いが起点(終点)です。

 撮影機材:ライカDⅢ・ズマール50㎜F2  CanonG9X(プログラムオート)
 フィルム:フジ業務用400
 露出:開放(F2)シャツタースピードの変化ののみで対応(1/1000~1/200)
 フォーカス:マニュアル

 起点(終点) 間中病院駐車場脇~約1.5キロ浜町方面が終点となります。
 「山一商店」 現在は国道1号線沿「ういろう」の並びに移転しています。
summar9001
summar9002

「かつおぶし博物館」 店頭販売あり
F2開放、意外とシャープ(こんなんだっけ?)ボケは独特
フィルムのラチュードが広いのか?曇天だからか?意外とシャドーが潰れていない。
summar9000

「すぎせい」 おでん種(さつま揚げ)が美味
summar9003

「鈴廣かまぼこ」 創業地です。現在は箱根登山鉄道風祭駅付近で営業、箱根駅伝の中継地で有名。
summar9004 
「すずまつ」 鈴廣かまぼこさんの親せきで元祖だと言われています。ご家族経営でとても感じが良いのが評判です。
「佐倉」 はんぺんが有名
summar9005

「杉兼」 ネギ入り竹輪発祥の店?とにかく酒の肴に最高!
summar9007 summar9010

「鱗吉」小田原かまぼこ発祥の店・元祖! 非常に活気があります。
summar9008 summar9009

「籠清」 以前は献上品のお店で独特のプリプリ感がたまらなく、地元では人気店です。
 周辺光量落ち、オールドレンズはこれでなくちゃ!
summar9011 summar9012
 
こじんまり感がたまらない
summar9013

「田代総本店」子どもの頃は、かまぼこと言ったら㋒小田原かまぼこの代名詞的なお店でした。
 「籠清」さんより柔らかく色白が特徴でやはり長い間献上品でした。昔からこの店構えが好きですね

summar9014 summar9015

「わきや」かまぼこ店ですが塩辛が美味しい。
 フィルムが終わり以下GX9での撮影です。
g9x9003 
「いせかね」
g9x9002
g9x9001 
終点となります。
 今回、開放での撮影でしたが想像以上に抜けが良く、また周辺光量落ちも曇天の為かあまり感じられなかったので、次回は晴天下でISO100のフィルムでF値を変えて撮影してみようと思います。
 このレンズはXpro1とは非常に相性が悪く、曇ったような抜けの悪い写真が撮れた経緯があり心配でした。
 やはり、オールドレンズはフィルムですかね?因みにオートニッコールとXpro1は相性が良いようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

城下町銀塩小僧

Author:城下町銀塩小僧
城下町小田原でオールドレンズ、銀塩カメラの収集と写真の撮影を趣味にしています。不定期の更新となりますが、興味のある方のお越しをお待ちしております。

最新コメント