記事一覧

小田原自然観察のお勧めガイドブック

小田原の身近な自然を観察したり散策する中で、最近感じていたのは「よいガイドブックなしには見過ごしがちな身近な自然をより深く観察するのは難しい」ということです。
そこで、市内の図書館や書店でよいガイドブックは無いものかと探してみたのですが、市販のものは旅行ガイド的なものか、植物・生物・地形などに対し専門的なものが多くこれといったものが見当たりませんでした。
そんな中、新学期のはじめに子供たちの本を整理していると「小田原の自然(小田原市小・中学校理科副読本)」という本を発見したのでページをパラパラとめくると「探していたものはこれだ」と実感したので紹介したいと思います。

内容・特徴
1.小田原の自然環境を、海岸・河原・平地・丘陵・山地の5つに分けどこに行けばどのような動植物 が観察できるか写真・イラストを中心に説明。
2.5つに分けた項目の中に確認されている植物・鳥類・虫等のページがあるので名前を調べやすい。
3.ガイドマップにより、全18ヶ所の各観察ポイントのコース説明(観察の中心・移動距離・所要時間・アクセス)があり観察の目的に合わせて無駄なく行動できる。
4.執筆・編集は小・中学校の教職員中心で児童・生徒を対象としている為、身近な動植物・地形・鉱物などの説明がわかりやすく専門的な知識は必要ない。
5.持ち運びが容易なサイズなので携行できる。
6.観察ポイントは児童・生徒を対象としている為、所要時間も2時間~3時間(移動距離1.5~3㎞)が中心であり、また、危険な所がないよう配慮されているので中高年でも安心して観察できる

※ 以上が内容・特徴等になりますが、理科の副読本の為非売品なので市内在住の知り合いから譲り受けるか、市内の古書店で購入するのが入手方法になり多少入手困難ですが児童・生徒全員に配布されていますので数万部は発行されています。
在住者等に心当たりがあれば訪ねてみるのも良いでしょう。
小田原市小中学校理科副読本1 小田原の自然観察1 小田原の自然観察2 小田原の自然観察3 小田原の自然観察4 小田原の自然観察5 小田原の自然観察6 小田原の自然観察7 小田原市小中学校理科副読本2


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

城下町銀塩小僧

Author:城下町銀塩小僧
城下町小田原でオールドレンズ、銀塩カメラの収集と写真の撮影を趣味にしています。不定期の更新となりますが、興味のある方のお越しをお待ちしております。

最新コメント