Welcome to my blog

めだかの学校

城下町銀塩小僧

城下町銀塩小僧

所在地

神奈川県小田原市荻窪453−2番地 

めだかの学校の由来

日本全国で歌い親しまれている童謡「めだかの学校」は、童話作家の茶木滋さんが作詞されました。

昭和25年、NHKより依頼を受けた茶木さんは、終戦当時の荻窪用水のこの周辺で、息子の義夫さんと買い出しの途中で交わした会話を基にしてこの詞を作られたそうです。荻窪用水とは、江戸時代に川口広蔵という人が約20年かけて早川から荻窪に水を引き込んだ用水路のことです。

 

開校日:平成8年5月8日

交通

小田原駅西口より バス 市役所行き・税務署前下車 徒歩1分
小田原駅西口より 徒歩15分

めだかの学校にいるめだかは静かな場所が好きなので駐車場を設置しておりません。
お越しの際は、バスか徒歩でお願いします。

 めだかの学校7 めだかの学校1 めだかの学校6 めだかの学校5 めだかの学校4 めだかの学校3 めだかの学校2 最後までご覧頂き誠に有難うございます。

スポンサーサイト
最終更新日2018-02-17
Posted by城下町銀塩小僧

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply