Welcome to my blog

防湿庫の仲間達12「ペンタックスSPⅡ」

城下町銀塩小僧

城下町銀塩小僧

昨日、何時もの居酒屋でオールドカメラ談議に花を咲かせていると、その中の一人が「欲しくて買ったんだけど一度もフィルム通したことないの有る!?」と言ったら物凄いほどの声が上がり僅か5人でその数60数台、一番多かったのは「暫くして使おうと思ったら故障してた」次は「従来使っていたのと同じ機種で故障時のセカンドカメラとして購入したのだが、故障もなく購入したものが美品だったので防湿庫の中の飾りになった」でした。
上記理由には該当しませんが、管理人が紹介した機種の中1番手が「ペンタックスSPⅡ」
1974年10月発売、SP販売終了後、海外での人気により国内でも販売されるようになったモデルで、SPとの相違点はペンタ部にアクセサリーシューが付いた点です。
管理人は、ストロボ撮影時にアクセサーリーシューを取り付けなくてよいとの理由でSPのサブ機的に購入し、出番なく現在に至らしめていますが、月に一度は空シャッターを切り、電池を入れメーターも作動させているので動作は問題ないようです。
spⅡ01spⅡ05 個人的にはペンタ部がスッキリしているSPの方が好きです。SP01.jpgspⅡ02spⅡ03spⅡ04 
宴たけなわ、午前2時をまわったころ、以前お世話になっていた○○カメラの店主さんの口癖を思い出し皆で大笑い「オールドカメラの商売はお客さんが付くと良いぞ、買ってすぐ使う人は一握りだし使わないでコレクション目的が多数だからクレームが少ない。それにカメラは数十台持ってるなんてざらだから手が回らないし、半年以上経過してたまたまクレームが来ても、使わないで防湿庫の中で死蔵したか?このところ忙しそうでしたものね、月に一回シャッター切って空気入れ替えなきゃ駄目なの○○さんならご存知のははずだからとプライドくすぐれば大抵納得。ダメなら売値で買い取っても直して高く売れば良いので買い損なったお客さんに、例のカメラ戻ってきたよ会社の帰りに見に来なよ、モルト交換してファインダ掃除して長く使えるように修理箇所あれば直しとくから、とかなんとか電話してから修理すれば直ぐに回収できるから」

時間も時間だったので、口々に「おやっさん草葉の陰から見て吹き出してたんじゃない」「心よりご冥福をお祈りします」でお開きにすることになりました。

世間話のような拙いものに、最後までお付き合い頂きありがとうございました。


スポンサーサイト
最終更新日2018-01-14
Posted by城下町銀塩小僧

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply