FC2ブログ

Welcome to my blog

ローライC35

城下町銀塩小僧

城下町銀塩小僧

ローライC35
ローライ35の末っ子として1969年発売
当時はcds連動露出計35、廉価版セレン読取り式露出計B35の更なる廉価版として1/30以下のスローシャツターを省略し露出計も非搭載で登場しましたが、不評で僅か2年間(9200台)で製造を終了しました。

因みにBは20万台なので非常に少ない。

しかし最近は見直されて人気が出ています。
何故ならローライ35の主な不調箇所である①スローガバナー不調、②露出計不調、③沈胴レンズ機構不調のうち①と②が存在しない為不具合が少ないからです。

【C35スペック】
レンズ:カールツァイス トリオター(3群3枚)40/3.5沈胴式
フィルター径:24mm
シャッター:デッケル社製コンパ―(B・30・60・125・250・500)
焦点距離:目測式(最短撮影距離0.9m)
重量250g(ローライ35 393g)

rolleic35903 シンプルなデザイン
rolleic35901 ストラップは特殊な取付なので付属する個体が良いと思います(後で購入すると1万円近くなんてことも)。rolleic35902 rolleic35904 35に比べるとプラスチック製部品が多いことに気が付きますrolleic35905 
他のシリーズと比較して製造台数が極端に少ない為、ドイツ製のゾナ―付35Sの美品より高価な場合もありコレクターズアイテムになっていますが、何故か凹みアタリの有る個体が多く残念です。
管理人の所有する個体も小当たりがありますが、オールドカメラのスローシャツター不調には悩まされてきたのでC35はライカDⅡ同様その心配がないので大変気に入っています。

何時も訪問いただき有難うございます。



スポンサーサイト
最終更新日2017-12-28
Posted by城下町銀塩小僧

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply