Welcome to my blog

防湿庫の仲間達6「Minolta A5」

城下町銀塩小僧

城下町銀塩小僧

「Minolta A5」1960年発売 ロッコール45㎜F2.8 シャッタスピードB~1/500
以上簡単なスペックです。
 購入の動機はA5はA3の発展型でシャッタースピードが1/1000で登場というのがカメラ仲間の定説
だったのだが、偶然立ち寄った中古カメラ店で1/500の物を見つけたことです。
 正面左側「Minolta」の銘板の下に1000と表示されているものが1/1000モデルのようです。
mioltaA502.jpg mioltaA503.jpg 
「防湿庫の仲間達4・5」に掲載のマミヤ・ペトリと比べるとクローム仕上げの質が良く作りの良さが伺える。
mioltaA504.jpg  デザインは特に特徴的なところはなく当時の平凡な作りである。
 セルフタイマーレバーのグリーン色とX-Mの赤色は見やすいが全体的なバランスを考えるとやや安っぽい?
mioltaA505.jpg  
 露出計は内蔵されていないので今となっては故障の心配が少ない。
 巻き上げカウンターは自動的にリセットしない為フィルム装填後合わせが必要。
mioltaA508.jpg

mioltaA506.jpg mioltaA507.jpg  防湿庫の仲間達4・5・6では使用しないのに保管してありこれからもフィルムを通すことが多分
ないと思われる三台を紹介しました。
 

スポンサーサイト
最終更新日2017-11-12
Posted by城下町銀塩小僧

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply