記事一覧

大久寺(ピンホールレンズ02)1

小田原市板橋にある江戸時代の藩主大久保一族の菩提寺です。撮影機材:フジXpro1 ケンコーピンホールレンズ02撮影はISO25600、フィルムシュミレーションSTD、絞り優先オート手持ちによる撮影です。          ...

続きを読む

錦織神社(エルマー50/3.5)

小田原のパワースポットとして人気の「錦織神社」は、プロテニスプレイヤー錦織選手の活躍にあやかってスポーツ上達を願う人々で近年参拝者が急増していますが、珍しい金色の御朱印が頂けることも話題になっています。アクセス:小田原駅西口より徒歩五分、城山1丁目22‐1にある大稲荷神社の境内にあります。撮影機材:ライカDⅢ・エルマー50/3.5(ニッケル、コーティング無) CanonG9X フジ業務用100大稲荷神社鳥居 CanonG9X ...

続きを読む

エルマー35/3.5「浄土宗大蓮寺・妙泉寺・正恩寺」

エルマー35、無性に白黒撮影がしたくなりお散歩のついでに近所のお寺巡りに行ってきました。お盆という事もあり、人出は普段よりも多く人物が入らないよう撮影するのは根気が必要ですが、出入りは傍から見て違和感がないようなのでこの時期は毎年お寺巡りをする事が多くなります。撮影機材:フジXpro1 エルマー35/3.5 ISO200「大蓮寺」1/250  F6.3 無限固定 抜けは悪くないようですが周辺の歪みが目立ちます。 1/200&nbs...

続きを読む

玉宝寺(五百羅漢)

天桂山玉宝寺は、曹洞宗香雲寺(秦野市)の末寺で、天文3年(1534)小田原北条氏の家臣垪和(はが)伊予守の建立によるもので、開山(寺を開いた僧)は、香雲寺四世実堂宗梅和尚です。  この寺は、通称「五百らかん」と呼ばれていますが、これは五百羅漢及び十六羅漢などを安置しているからです。  この羅漢像は、享保15年(1730)村内の添田氏が出家し、智鉄と号して広く篤信者から浄財の寄進を求め、五百羅漢像の造立を発願し...

続きを読む

プロフィール

城下町銀塩小僧

Author:城下町銀塩小僧
城下町小田原でオールドレンズ、銀塩カメラの収集と写真の撮影を趣味にしています。不定期の更新となりますが、興味のある方のお越しをお待ちしております。

最新コメント