記事一覧

ローライC35

ローライC35ローライ35の末っ子として1969年発売当時はcds連動露出計35、廉価版セレン読取り式露出計B35の更なる廉価版として1/30以下のスローシャツターを省略し露出計も非搭載で登場しましたが、不評で僅か2年間(9200台)で製造を終了しました。因みにBは20万台なので非常に少ない。しかし最近は見直されて人気が出ています。何故ならローライ35の主な不調箇所である①スローガバナー不調、②露出計不調、③沈胴レンズ機構不...

続きを読む

ローライ35修理完了(大和サイトウカメラ)

露出計作動不良とシャツターBの動作不良で旅先での星夜写真を廉価版のB35に譲っていた35。露出計はともかくとして、バルブの作動不良は致命的でここ数年防湿庫の中で眠っていました。ゴールデンウイーク中、思い切って下取りに出し同様の物を購入しようと大和にあるサイトウカメラさんを訪ねたところ「修理可能ですよ」「同様の物に買い替えても50年位前の物なので故障のリスクはあります」「買い替えの方が逆に高くつく」「35は...

続きを読む

ローライ35B

ローライ35B/カールツァイス・トリオター40/F3.535mm世界最小クラス、3群3枚構成のトリオターですが、描写には定評があり山歩きや徒歩での移動が多い旅行時のフイルムカメラとして重宝しています。...

続きを読む

プロフィール

城下町銀塩小僧

Author:城下町銀塩小僧
城下町小田原でオールドレンズ、銀塩カメラの収集と写真の撮影を趣味にしています。不定期の更新となりますが、興味のある方のお越しをお待ちしております。

最新コメント