記事一覧

防湿庫の仲間達12「ペンタックスSPⅡ」

昨日、何時もの居酒屋でオールドカメラ談議に花を咲かせていると、その中の一人が「欲しくて買ったんだけど一度もフィルム通したことないの有る!?」と言ったら物凄いほどの声が上がり僅か5人でその数60数台、一番多かったのは「暫くして使おうと思ったら故障してた」次は「従来使っていたのと同じ機種で故障時のセカンドカメラとして購入したのだが、故障もなく購入したものが美品だったので防湿庫の中の飾りになった」でした。...

続きを読む

防湿庫の仲間達11「ニコンメーターⅡ型」

「ニコンメーターⅡ型」 ニコンF用の連動露出計で完全に連動します。レンズの絞りに連動する指針とシャッター速度に連動する矢印を合わせるだけで、適正露出の状態となります。 連動爪のないレンズにはシャツタースピードに連動するセミ連動式となり、またカメラより外して単体露出計としても使用できます。  ペンタプリズムの銘板にハサミ込む形で取り付けますフォトミックファインダーは建増しの違法建築のような感じ...

続きを読む

防湿庫の仲間達10「ペンタックスメーター」

「ペンタックスメーター」 新しいカメラを購入すると付随して欲しくなるもの、管理人の場合は連動式外部露出計と専用のケースである。 ときには、本体以上の値段のする物を本末転倒と知りつつも買わずにいられなくなるから困ったものである。 という事で今回は3種類のペンタックスメーターを紹介します。前列左側初期型、後列後期型、前列右側SL専用   茶色に変色した部分は劣化したモルト、交換しないで使用す...

続きを読む

防湿庫の仲間達防湿庫の仲間達9「アサヒペンタックスS2」

「アサヒペンタックスS2」1959年5月発売、APの普及機として発売され前面低速シャッターダイヤルを廃止し一軸不回転ダイヤルを採用、操作性が向上した。  フィルムカウンターは自動復元式ではなくフィルム装着後手動で合わせる廉価機の為シャッタスピードも1/500まで ファインダー枠にはアクセサリーシュー取付用のスリットがあるがシャッタスピードが1/500までの為(後期モデルは1/1000)外部連動式露出計(ペンタッ...

続きを読む

防湿庫の仲間達8「Aiニッコール200㎜F4」

Aiニッコール200㎜F4今から40年程前(1977年3月)に発売開始の望遠レンズです。単焦点の望遠は、ここ数年防湿庫の一番奥が定位置で触れたこともなかったのですが、新居の二階から晴れの日には富士山が一望できることを発見、APS機に装着すると画角も概ね良好なので久し振りの登場となりました。1961年発売のニッコールQオートと比べるとスリムになり全長も120㎜程度で扱いやすい。  最短撮影距離がオートニッコール...

続きを読む

プロフィール

城下町銀塩小僧

Author:城下町銀塩小僧
城下町小田原でオールドレンズ、銀塩カメラの収集と写真の撮影を趣味にしています。不定期の更新となりますが、興味のある方のお越しをお待ちしております。

最新コメント