記事一覧

SMCタクマー50/F1.4+M42接写リング2

上レモンテトラ・下エンゼルフィシュ...

続きを読む

SMCタクマー50/F1.4+M42接写リング1

接写リングは№.1がピントの許容範囲が広いのですが、それでもヘリコイドを近接~∞まで動かしても20㎝~40㎝(標準レンズ)程の範囲での撮影が限界なので、動きの有る物はピント合わせが難しいため通常撮影も可能なマクロレンズが良いと実感しました。コリドラス レモンテトラ・カージナルテトラ...

続きを読む

防湿庫の仲間達・番外編1

連休中、連日のお酒のせいで体調が思わしく無かったので防湿庫の中の整理をすることにしました。普段触らない6段目(1番下の段)を最初に整理していると、数年前から行方知れずの接写リングを発見し嬉しさのあまり(先日から購入しようか思案中)その段だけ整理して他の段は次回(予定は未定)にすることにした。詳細●ペンタックスM42マウント接写リングセット●カメラ本体とレンズの間に装着することにより、小さな被写体も至近距...

続きを読む

カモメとウミネコ(早川河口付近)

高倍率のおもちゃ(COOLPIX B700)の恩恵で、画質はともかく100m程離れた渡り鳥も撮影が出来るようになりました。メモ代わりに撮影し、後に種類などを調べる程度なら充分だと思います。カモメとウミネコ、光彩が黄色く目の周りに赤い縁取りがあり人相が悪く見え、くちばしの先端が赤と黒の斑があるのがウミネコと帰宅後調べて初めて知りました。...

続きを読む

小田原漁港遊漁船

本日の小田原、快晴とはいきませんが風もなく穏やかでしたので、久しぶりに南町の荒久の海岸に出掛けると、昔お世話になった遊漁船、坂口丸と平安丸を沖合に発見したので帰港模様を撮影しました。参考:坂口丸 〒250‐0021 小田原市早川1-3-7 Tel・Fax0465-22-8266   3月12日 6:30出港 ヤリイカ・カマス・LTアマダイ(各9000円・餌・氷付き)※平安丸さんも料金は同様だと思います。...

続きを読む

ピンホールレンズF250三脚無しの撮影は可能か?

銀塩カメラでピンホールレンズを使用する場合は、三脚とレリーズは必需品となります。なぜなら、レンズのF値が250と非常に暗い為、日中の撮影でもシャッタスピードが数秒~数十秒となり手ぶれから免れられないからです。デジカメではどうでしょう?一般的に銀塩カメラに比べ、数倍から10数倍にISO感度を設定できるため、手ぶれ防止機能を併用することにより、日中なら手持ち撮影可能と判断し、午後二時前後の日差しが強い時間を狙...

続きを読む

ケンコーピンホールレンズ02+X-Pro1

以前、銀塩カメラに装着し使用していたケンコーのピンホールレンズのパッケージを何気なく眺めていたら、「デジタル一眼にも使用できます」と説明書きがあったので、早速X-Pro1に装着してみることにした。レンズ本体はM42マウントの為、M42-FXマウントアダプターを使用。...

続きを読む

高倍率ズームとメジロ

高倍率のズームのコンデジを持つと遠くの動く被写体を撮りたくなるのは私だけでしょうか?高画質の物を求めれば、フルサイズになり銀塩時代と同じかそれ以上に高額になるとは思いますが、メモ代わりと考えても、銀塩時代ではズーム付きのコンパクトカメラの倍率は200mm位が限界で開放値もF8以上なので、ISO800のフィルムを使用してもスローシャツター(手ぶれ防止機構はなく)不可能に近かかった記憶があります。前置きが長くなり...

続きを読む

箱根湯本のつり橋(前田橋)はスリル満点

箱根登山線入生田駅より徒歩15分、神奈川県立生命の星・地球博物館遊歩道先にある前田橋は、全長56m高さ15mの早川に架かる歩行者と2輪車専用のつり橋です。対岸は箱根町湯本で、地域住民にとっては箱根湯本駅付近への近道のようだが、老朽化の為の生々しい補修痕の数々、ギシギシという音とその揺れの大きさはスリル満点、高所恐怖症の自分には無料のアトラクションとしてはスリル満点でした。...

続きを読む

COOLPIX B700 光学60倍ズーム最大 月を手持ち撮影すると?

夕方ぼんやりと空を眺めていると天頂付近に月が、新しいおもちゃで写してみました。撮影データ:COOLPIX  B700       ニッコール60×(4.3~258mm 1:3.3-6.5)      1/640秒・F5.6・8M・ISO1600 手持撮影※画像の大きい物はトリミング加工済みとなります。パソコンで観る程度で、メモ代わりと捉えるならなら良いと思います。      ...

続きを読む